手間のかかる賃貸管理は専門業者に丸投げできる

民泊サイトで収入を

空き家活用として注目を集めている民泊ですが、airbnbを使うことによって代行業者によるサービス品質を高くすることもできるようになります。airbnbの最大の魅力は全世界に部屋のことを発信できる点です。

握手

生命保険の代わりにもなる

マンション経営は安定した収入を得られるというメリットのほかに、もしもの時に大切な家族に資産を残せるというメリットもあります。つまり、マンション経営はサイドビジネスとしてだけではなく、生命保険の代わりとしても役に立つのです。

男性

高齢化社会も追い風に

不動産のオーナーが高齢化や病気などの理由で、自分で賃貸経営業務を行うことができなくなったときにサブリースが活用されています。また、築年数が経過した空き家で困っている大家が、サブリースを活用して新しい賃貸人を見つけることができた事例も報告されています。

効率的な経営のために

賃貸物件

賃貸管理とは、賃貸住宅を経営していく上で必要になる業務を管理するという意味です。賃貸住宅の経営では、ほとんどの物件の大家さんはこの賃貸管理を不動産管理会社に委託しています。賃貸管理を不動産管理会社に委託することで、賃貸住宅の経営の負担を軽減できるというメリットがあるからです。この賃貸管理を委託するときは、不動産管理会社と不動産管理委託業務委託契約を結びます。賃貸住宅の管理業務には、入居者に関する業務と建物に関する業務の2つがあります。入居者に関する業務は、入居者の募集活動、家賃の集金業務、家賃滞納時の対応、入居者からの問い合わせへの対応などです。もうひとつの建物に関する業務は、建物の清掃作業、入居者の退去後の室内の清掃や修理、リフォーム、建物の老朽化を防ぐための補修などがあります。これらの業務を1人で行うことはとても労力のいることです。しかし、不動産管理会社と賃貸管理を委託する契約を結ぶと、これらの業務を委託することができます。このように、管理業務を委託することで、賃貸住宅の負担を大幅に減らで効率的に賃貸住宅を経営していくことが可能になります。この管理会社に委託する業務は選択することができます。賃貸管理業務の委託はとてもメリットの多いサービスですが、手数料がかかります。ですので、賃貸住宅を経営していくにはどのようなサポートが必要になのかをしっかりと見極めて、委託する管理業務を決定してください。