手間のかかる賃貸管理は専門業者に丸投げできる

生命保険の代わりにもなる

握手

不動産は資産として残せる

マンション経営には、もしものときの生命保険代わりになるというメリットがあります。マンション経営を始めるにあたっては収益物件となる不動産を購入することになりますが、その購入費用は多くの場合には金融機関の住宅ローンを組むことになります。金融機関の住宅ローンを組む際にはローンの契約者は万が一、死亡してしまったときの保険として団体信用生命保険に加入することを求められます。この団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者が死亡や重い障害の状態になってしまった場合に住宅ローンの残りを保険会社が代わりに支払うという仕組みになっています。そのため、仮に住宅ローンの契約者が死亡したり、あるいは重い障害の状態になってしまったときでも家族には住宅ローンの支払いという経済的に重い負担が掛かってくる心配はありません。また、住宅ローンの契約者が死亡してしまった場合、収益物件は遺族が相続をすることになりますが、その際にはこれまで通りに家賃収入を得続けることができますし、マンション経営から手を引きたいというときにはマンションを売却して収益を得ることができます。そのため、マンション経営は安定した家賃収入を得られるというメリットと、万が一、マンション経営者が死亡した際には遺族に安定した家賃収入を得られる収益物件を残せるというメリットがあります。つまり、マンション経営には生命保険のように残された家族を経済的に苦しませないという大きなメリットがあるのです。